視力トレーニング(視力訓練)は千葉県松戸の松戸視力訓練センター

日本視力訓練協会・関東視力訓練協会 松戸視力訓練センター/千葉視力訓練センター フリーダイヤルフリーダイヤル
松戸センター:0120-012993
千葉センター:0120-870980
視力UPトレーニング(視力訓練)について メディアへの紹介実績 アクセス
資格を目指す方へ センターへのお問合せ
トップページ > 視力トレーニング > 視力UPトレーニングのQ&A
視力UPトレーニング
無料体験受付中
皆様に感謝創立40周年

視力UPトレーニングQ&A

視力UPトレーニングをご希望の皆様より良く聞かれるご質問を、 私・茂村がQ&A形式でまとめました。
松戸視力訓練センターにご興味のある方は、ぜひ本項をご一読ください。
また、こちらに掲載されていないご質問等がございましたら、[お問い合わせ]ページよりお気軽にお問合せ下さい。
松戸視力訓練センター所長:茂村

Q:どうして近視になるのですか?

A:人の目は[水晶体]と呼ばれる、「カメラのレンズ」の様な物で焦点を調整しています。
近くを見る時にはレンズは「厚く」、遠くを見る時にはレンズは「薄く」なります。
これら遠近の調整は、水晶体の周りにある[毛様体]により行われているのです。
近視の原因はこの[毛様筋の機能低下]により水晶体の調整ができなくなってしまうことにあります。視力の悪い人はこの筋肉が緊張していて上手に動かず、近視の人は水晶体が厚いままになり、薄くなりにくいのです。
松戸視力訓練センターの訓練カリキュラムは毛様筋の機能回復を主眼として設定されております。 眼球の構造(断面図)

Q:松戸視力訓練センターでは、どういうトレーニングをするのですか?

A: 松戸視力訓練センターでは少し見えにくい凸レンズと医療器具を使い、遠くの1点を見る、近くの1点を見る、 という繰り返しにより、目の筋肉の緊張をほぐしてあげる訓練を行います。
また、遠視の人も訓練しますが、凸レンズの使い方が少し違います。

Q:その視力UPトレーニングは医療行為になるのですか?

A:松戸視力訓練センターが提供する施術は医療行為ではなく、厚生労働省の認可した器具を用いた視力UPトレーニングとなります。
したがって注射や薬などは一切使いません。
視力UPトレーニングの場所も、自宅とセンターのどちらで行ってもOKです。
なお、私・茂村は薬事法に基づく厚生労働大臣の登録を受けた、 医療機器販売管理者講習を修了いたしております。

Q:薬などを使わないのであれば、視力UPトレーニングにはどんな器具を使うのですか?

A:詳しくは[医療器具について]ページをご参照ください。


Q:視力UPトレーニングで視力はどのくらい良くなるの?

A:松戸視力訓練センターにお越しいただいて行われる初回の[視力測定(無料)]によって、その訓練生の方の視力がどの位まで向上するのかがほぼわかり、お伝えする事ができます。
松戸視力訓練センターでは、それらの測定結果で視力の向上が見込める方のみ視力UPトレーニングをお引き受けしておりますので、訓練をされた方に関しましては視力が全く上がらずトレーニングが無駄になるような事はほぼ無いと言えます。

Q:回復までの視力トレーニングにかかる費用はどのくらい?

A:視力UPトレーニング費用はコースや期間によって異なります。詳しくは[視力UPトレーニング]のページをご覧ください。
また、初回ご訪問時に[無料の事前診断]およびお試しでの訓練もしていただけます。
何もお持ちにならなくて結構ですので、お電話か当サイトの[お問合せ]ページによるご予約の上、 お気軽にご来所下さい。